「いい会社、働きやすい職場にしたい!」の応援 -特徴など-

HOME > 中小企業にお勤めの従業員の立場の方への応援 > 「いい会社にしたい、働きやすい職場にしたい!」の応援 > 特徴など

このページでは、中小企業の従業員の方へのお手伝いである「いい会社にしたい!」の応援の特徴などをご紹介いたします

このページでは、中小企業にお勤めの個人の方(従業員の方)へのお手伝いである、「いい会社にしたい!働きやすい職場にしたい!」(従業員の方による自律型組織づくり)の応援の特徴向き・不向きなケース留意点などについてご紹介いたします。

※こちらのご支援は原則として、中小企業にお勤めの従業員の方を対象としたお手伝いです。
そのため、経営者の立場の方や、企業としてのご相談が可能な管理職や管理職候補の方は、「企業様・任意団体様へのご支援」のページをご参照くださいませ

このページの内容に興味のない方や、ポイントだけざっくり把握したいとおっしゃる方は、
以下のご説明手順図、または、上記メニュー(ページタイトルの「「いい会社にしたい!」の応援 -特徴など-」の下)から、ご希望のページを選択して読んでやっていただけると嬉しいです。

※「ざっくりと簡単に応援内容を知りたい!」とご希望の場合は、「「いい会社にしたい!働きやすい職場にしたい!」(従業員の方による自律型組織づくり)の応援概要」のページをご覧くださいませ
※オレンジ色のボタン上にマウス置くと簡単な説明が表示され、クリックすると該当するページが表示されます

中小企業の従業員対象「いい会社にしたい!働きやすい職場にしたい!」(従業員の方による自律型組織づくり)の応援に関するご説明の順序 中小企業の従業員の方によくある悩み 中小企業の従業員対象「いい会社にしたい!」「働きやすい職場にしたい!」の応援の概要 中小企業の従業員対象「いい会社にしたい!」「働きやすい職場にしたい!」の応援の流れや料金

page top

中小企業にお勤めの従業員の立場でも、できることはたくさんあるんじゃないでしょうか?但し・・・

経営コンサルティング事務所 ネクストストラテジーでは、中小企業にお勤めの個人で、「もっといい会社にしたい!」「もっと働きやすい職場にしたい!」と本気、且つ、真剣に考え、いち従業員の力で自律的に職場を良くしようとなさっている方のお手伝いも、ささやかながら行っております。

中小企業の従業員対象「いい会社にしたい!働きやすい職場にしたい!」(従業員の方による自律型組織づくり)の応援 従業員の方による自律型組織づくり:「いい会社にしたい、働きやすい職場にしたい!」

「いい会社にしたい!働きやすい職場にしたい!」(従業員の方による自律型組織づくり)の応援イメージ

ネクストストラテジーによる応援は、

従業員の方の「もっといい会社にしたい!」「もっと働きやすい職場にしたい!」という想い、自律性三方よしなどを大切にしたお手伝いです。

全体を見ることもなく、目的や目標、本当の問題や課題なども不明確なまま、手段や方法論に関する応援だけを行った場合、一貫性のないバラバラの方法論に走ってしまったり、
「手段の目的化」に陥ってしまったする可能性があるのではないでしょうか?

そのため、ネクストストラテジーでは、お悩みなどをじっくりお聞きした上で、「三方よしの場づくり黒子サポーター」に徹して応援を行っております。

会社を変える、組織を変えるというのは本当に大変なことですよね。
会社に勤めながら社内改革をなさろうとしているのであれば、なおさら大変なのではないでしょうか?

上手く行かなくて悩むこともあれば、ツライこともいっぱいあるのではないでしょうか?
時には、心が折れてしまいそうなこともあるのではないでしょうか?
諦めてしまいそうな気持ちや妥協してしまいそうな気持ちと葛藤し、自分との闘いになることもあるのではないでしょうか?

ですが、いち従業員の方であっても、できることはたくさんあると思います。
「もっといい会社にしたい!もっと働きやすい職場にしたい!」
と、本気でがんばっていらっしゃる従業員の方をネクストストラテジーでは応援しておりますので、悩みを独りで抱え込んでしまっている時、壁にぶち当たって途方に暮れた時、諦めそうになった時にでも、お気軽にお声がけいただけると嬉しいです。

page top

ネクストストラテジーによる「いい会社にしたい!働きやすい職場にしたい!」(従業員の方による自律型組織づくり)の応援には、こんな特徴があります

ネクストストラテジーによる「いい会社にしたい!働きやすい職場にしたい!」(従業員の方による自律型組織づくり)の応援の特徴について、ざっくりとまとめてみました。
但し、比ゆを用いて明記している部分も多々ございますので、「よくわからーん!」ということであればお問い合わせフォームからお気軽にご質問くださいませ。

毎日毎日悩んでいらっしゃると、ついつい愚痴や不平・不満が爆発してしまったり、
感情的になればなるほど、腹が立てば立つほど、ついつい他人に求めてしまったり、
「あの時、ああすれば良かったのに・・・」などと、後になってから「たられば」を言ってしまったり・・・

と、いうことはありませんか?

残念ながら他人と過去は変えられませんが、ご自身と未来は変えられるのではないでしょうか?
そのため、「相談なさる方ご自身が、これから自律的にできること」に着目し、「三方よし」の観点から一緒に考えて行くお手伝いを行っております。

従業員の方からのご依頼の場合、お勤め先に同行してお手伝いを行うといったことは、残念ながら不可能ですよね?

そのため、いただいた情報から仮説を立て、可能な範囲で助言などのお手伝いを行っております。
こちらからの助言などは、単なる参考と受け止めていただいても結構ですし、実行はしないと決断していただいても結構です。

責任を負われるのはご自身であって、ネクストストラテジーは一切関知しないため、ご相談なさる方の自律性を大切にしておりますので、ご自身の決断にお任せしております。

「いい会社にしたい!働きやすい職場にしたい!」とがんばって行く内に、一体何のために、会社を良くしようと、職場を良くしようとしていたのかを忘れて突っ走ってしまったり、誰のために会社や職場を良くしているのかわからなくなってしまったり・・・
という経験はありませんか?

皮肉なことに、「いい会社にしたい!働きやすい職場にしたい!」という想いが強ければ強いほど、一生懸命やろうとすればするほど、このような状況に陥ってしまった・・・!
という経験はないでしょうか?

そのため、ネクストストラテジーによる「いい会社にしたい!働きやすい職場にしたい!」(従業員の方による自律型組織づくり)のお手伝いでは、外部・内部両方の視点を常に意識したお手伝いを行うよう心がけております。

ネクストストラテジーでは、中小企業にお勤めの従業員の方の応援を秘密厳守にて行っておりますが・・・、
お勤めの会社に関するご相談となると、一番気になるのは、やはり情報漏洩に関することではないでしょうか?

こちらとしても、犯罪につながり兼ねないような行為に加担する気は全くございません。
そのため、勤務先名そのものや勤務先名が特定されるような情報、企業秘密情報、顧客情報などについては、一切お聞きしないよう留意しております。

ですので、直接的にしろ間接的にしろ、勤務先や勤務先関係者の特定につながる情報を絶対に漏らすことのないよう、「口にバンソウコウをして言わざる」に徹していただきますよう、こちらからもお願いしております。
その他、どうしても話したくないことであれば、無理にお話いただく必要はありませんのでご安心ください。
※但し、ご契約等の関係上、依頼される方の本名やご連絡先などは必ず明確にしていただく必要がございますので、予めご了承ください

ご相談される方は、

■ 残業や土日祝日勤務などで多忙なことが非常に多く、時間を合わせてお会いするのが非常に難しい
■ 関西以外の方で、切実な悩みをお持ちの方もいらっしゃる
■ 個人ということもあり、ご負担なさる金額をなるべく少なくしたいというご希望も多い

ため、ご状況やご希望に応じて、

■ スカイプのみ or 電話のみ
■ メールのみ
■ スカイプや電話 + メールの併用

によるお手伝いを行っております。

尚、お電話の場合、通信費をご負担いただく必要があるため、状況的に可能なのであればスカイプの使用をオススメしております。

「必要な時に必要なだけ」という方針のため、極端な話、1回こっきりのお手伝いも可能です。
(但し、1回こっきりの場合、愚痴だけお聞きして終わりで、何のお手伝いにもならない可能性が高いので、それでもよろしければ・・・のお話ですが)

また、「去る者追わず」という方針のため、全額お支払いいただいていて、且つ、ご依頼のご連絡をいただかない限り、こちらからご連絡することは一切ございません。

こう言うと、「・・・なんて冷たいんだ!」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが・・・
これは、ご相談なさる方の自律性を大切にしているためです。

page top

とは言えども、「モグラ叩き」に慣れているとついつい・・・

「いい会社にしたい!働きやすい職場にしたい!」の応援イメージ 人間であるが故に、他人が犯したミス、欠点や問題点にはどうしても目が向きやすいものではないでしょうか?

誰だって問題点を指摘されるのはイヤなものだし、自分の心に土足で踏み込んで来られるのは嫌だとわかっていても、自分以外の他人に対しては、ついついやってしまうのが人間なのではないでしょうか?
他人の欠点に一度とらわれてしまうと、良いところがなかなか見えにくくなってしまうものではないでしょうか?

仕組みを変えた方がいいとわかっていても、ついつい他人(ヒト)を直接変えてしまおうとすることもあるのではないでしょうか?

ついつい、他人(ヒト)や他人のしたこと(行為など)を責めてしまうこともあるのではないでしょうか?

また、お勤めの会社に存在する全ての業務を行っている訳ではないため、ご自身が担当なさっている業務のことしかわからない、他の人が何をやっているのか、何のために業務を行っているのか知らないということもあるのではないでしょうか?

そのため、ネクストストラテジーの「いい会社にしたい!働きやすい職場にしたい!」の応援(自律型組織づくり)では、

  • 人間は不完全で間違いを犯す動物
  • 自分のことには気付きにくいが、他人のことには気が付きやすい動物
  • 過去と他人を直接変えることはできないとわかっているのに、ついつい怒りをぶつけたり指摘したりしてしまう動物

ということに十分配慮しながら、

目指したい「いい会社」や「働きやすい職場」の姿 目指したいと考えていらっしゃる、「いい会社」や「働きやすい職場」の姿
個々人や組織が持つ強みや可能性 個々人や組織が持つ強みや可能性
「できないこと」ではなく、「できること」 「できないこと」ではなく、「できること」
組織的な仕組み 組織的な仕組み

などを中心にスポットを当て、従業員の方ご自身の力で、且つ、自律的に「いい会社にしたい!働きやすい職場にしたい!」という想いを実現していただけるようお手伝いを行っております。

page top

ネクストストラテジーによる「いい会社にしたい!働きやすい職場にしたい!」(従業員の方による自律型組織づくり)の応援がお役に立てる可能性があるケースと、そうでないケース

どんなものでもそうだと思いますが、どのようなケースであっても絶対に役立つ万能なものなどなく、やはり向き不向きというのがあるのではないでしょうか?

と言う訳で、ネクストストラテジーによる「いい会社にしたい!働きやすい職場にしたい!」(従業員の方による自律型組織づくり)の応援が、お役に立てる可能性があるケースと、そうでないケースについて簡単にまとめてみました。

※以下の「お役に立てそうにないケース」に該当すると判断した場合、お問い合わせいただいてもお返事を行わないのはもちろんのこと、たとえ途中であってもお手伝いを即打ち切らせていただきますので、予めご了承くださいませ
※悪質なケースや法律に反する行為と判断した場合は、通報いたしますので、予めご了承くださいませ
(と言っても、今までこのようなケースは一度も発生しておりませんが、念のため明記しておきますね)

ネクストストラテジーによる「いい会社にしたい!働きやすい職場にしたい!」(従業員の方による自律型組織づくり)の応援がお役に立てる可能性があるケースお役に立てる可能性があるケース
ネクストストラテジーによる「いい会社にしたい!働きやすい職場にしたい!」(従業員の方による自律型組織づくり)の応援がお役に立てる可能性があるケース
  • 三方よしに共感できるとお考えの場合
  • 中小企業にお勤めで、かつ、管理職以外の従業員の立場の場合
  • 「いい会社にしたい!働きやすい職場にしたい!」と本気で思ってはいるものの、どうしたらいいかわからず途方に暮れていたり、自分なりに試行錯誤しながらいろいろと試してみても上手くいかずに困っていたりする場合
  • 個々人や各部門の利害を優先した「問題点・過去・現在のモグラ叩き」ではなく、どんなに嫌いな相手であっても、ご自身とは全く関係のない部門であっても関係なく、組織全体の強みや可能性を客観的に着目できる場合
  • 過去や他人に対する愚痴・不平・不満は最低限に留め、「ご自身にできること」に着目した未来志向型の自律型組織づくりを目指される場合
  • 自律性を発揮できる方と当事務所が判断できる場合
  • ご自身の決断や行動に責任が持てると確約できる場合
  • 「よくある悩み」にお心当たりがある場合
ネクストストラテジーによる「いい会社にしたい!働きやすい職場にしたい!」(従業員の方による自律型組織づくり)の応援がお役に立てそうにないケースお役に立てそうにないケース
  • 三方よしには共感できないとお考えの場合
  • 中小企業にお勤めの従業員の立場ではない場合
  • 直接的または間接的に、勤務先や勤務先関係者の特定につながる行為を行った場合
  • 勤務時間中に当事務所へ連絡を行った場合
  • 匿名や偽名を使用した場合やフリーメールアドレスで当事務所へ連絡を行った場合
  • 勤務先や勤務先関係者全体の利益を考えているのではなく、ご自身の成績を上げることや評価を上げることなど、ご自身の利益ばかり考えていると当方が判断した場合
  • レポートや論文目的の場合
  • 個々人や各部門の利害を優先した「問題点・過去・現在のモグラ叩き」を行いたい場合
  • 「ご自身ができない理由」や「他者ができないこと」ばかりを延々と挙げ連ね、ご自分や他者を追い詰める行為を繰り返していらっしゃる場合
  • 勤務先や勤務先関係者をひたすら批判したり、誹謗中傷したりなさる場合
  • 個人的な感情(復讐・逆恨み・逆ギレなど)による経営者・上司・同僚・部下・関係者の方を貶める行為、内部資料の持ち出しや流出、お勤め先や勤務先関係者の社会的信用を失墜させる行為、内部告発が目的の場合、法令や正当な就業規則に反する行為など、三方よしのお付き合いができないと当方が判断した場合
  • 自律性を発揮する気が全くなく、他者依存や他力本願の場合
  • 当事務所のホームページやブログをほとんど閲覧していただけていなかったり、丸投げ依頼を行ったりしていると当方が判断した場合
  • 愚痴や不平・不満などを、誰かにただ聞いてもらえたらそれでいいとお考えの場合
  • うつ病等の精神疾患にかかっている、または、かかっていると疑われる場合
  • 「よくある悩み」にお心当たりが全くない場合

page top

どんなものにも、留意点は必ずありますので・・・

世の中には、「完璧」や「絶対に大丈夫」なものなど存在しないのではないでしょうか?

そのため、留意点についてもいくつかご紹介しておきます。
(ご希望やご状況などによっても、もちろん異なってきますが・・・)

留意点 全責任を、ご自身で負う覚悟が必要です

今までこのような事態になったことは一度もありませんが、世の中にはいろんな方がいらっしゃるので念のため明記いたします。

当方から助言、メリット・デメリットなどはお伝えいたしますが、強制は一切いたしません。
相談なさる方の自律性を大切にしているため、ご自身の判断に全てお任せしたお手伝いを行っております。

よって、実際に行動にうつされるのか、その結果どうなったのかなどについては、全てご自身の決断と責任です。
そういう面から言うと、企業経営に関する全ての責任を負っている経営者と同等の覚悟が必要だとお考えください。

つまり、「こんな風にアドバイスされたから・・・」「アドバイスされた通りにしたのに・・・」
などの逆ギレとも言える苦情・責任転嫁は、ネクストストラテジーでは一切お受けできませんので、予めご了承ください。
※ネクストストラテジーが損害を被った場合は、迷うことなく法的措置をとりますので、予めご了承ください

留意点 他者(会社や職場など)を変えようとするより、ご自身が変わった方がはるかにラクです

自ら手を汚すことなく、自分だけは安全な場所で高みの見物をしながら、「○○してくれない」「○○が悪い」「○○が問題」などと評論家のように自分の意見をただ主張したり、誰かにせいにしたりしているだけでは、何も解決しないのではないでしょうか?

「どんな状況であっても、いい会社・働きやすい職場に変えられる魔法の杖」などは存在しません。
気が遠くなるような時間も手間もかかれば、想像をはるかに絶する苦労や忍耐、ご自身が矢面に立って血を流す覚悟も必要です。
根性論や精神論などが苦手な人間が言うのですから、余程だと思ってください(苦笑))

そういう意味でも、企業経営に関する全ての責任を負っている経営者と同等の覚悟が必要だとお考えください。

また、苦労の末、「いい会社・いい職場」に変えられたとしても、それで終わりということは決してありません。
「いい会社・いい職場」になれたと感じていたとしても、経営環境の変化とともに、それぞの方が思う「いい会社・いい職場」の概念も変わっていく場合があります。
また、現在のご自身が会社や職場に対して不平・不満をお持ちなのと同じように、変わった「いい会社・いい職場」に不満を持つ方があらわれる場合もあります。

そう考えると、他者(会社や職場、経営者・上司・部下・同僚の方など、ご自身以外の全て)を変えようとするより、ご自身が変わった方がはるかにラクですし、手っ取り早いのかもしれませんね。

尚、ここで言う「ご自身が変わること」とは、例えば、ご自身が理想とされる「いい会社・いい職場」を求めて転職する、独立してご自身の手で理想の会社をつくる、ご自身の考え方を変えるなど、様々な意味を含んでおります。

留意点 「溺れる者にワラ」どころか、下手をすれば「溺れる者に重石」になる危険もあります

■ 相談なさる方が、ご存知の情報に限られてしまうこと
■ 支障のない範囲で、情報を開示していただくことになること
■ 当事者ではないネクストストラテジーに、わかりやすく伝えていただく必要があること

などが前提のため、ネクストストラテジーのご提案にはどうしても限界があります。
全く何もご提示できなかったり、大ハズシの助言・メリット・デメリット提示になったり、一歩間違えれば状況を悪化させてしまう危険もあります。

留意点 いち従業員の方だけでできることには、どうしても限界があります

ご自身が矢面に立って血を流す覚悟があれば、いち従業員の方であっても、できることはたくさんあります。
しかしながら、いち従業員の方だけでできることには限界があるのも事実です。

余程の小規模企業は別として、一つの部門だけで会社組織全体が成り立っていることはあまりないのではないでしょうか?
企業組織の中に営業部、経理部、製造部など、様々な部門が存在して、絡み合っているものではないでしょうか?
従業員の方は、その中の一つの部門の中で、業務を担当していることになるのではないでしょうか?

となると、ご自身が属していらっしゃる組織において、「いい職場・働きやすい職場」がたとえ実現できたとしても、他部門や企業全体が「いい会社・いい組織・働きやすい職場」でなければ、ご自身も必ずといって良いほど影響を受けるのではないでしょうか?

ご相談内容やご状況にもよりますが、相応の権限をお持ちの方でなければできないことがたくさんあります。
三方よしなどの観点などから助言はいたしますが、 いち従業員の方だけでできることには、どうしても限界があるとご認識いただけますようくれぐれもお願い申し上げます。

page top

「いい会社にしたい!働きやすい職場にしたい!」(従業員の方による自律型組織づくり)の応援にちょっぴり興味が出て来たから、ちょっと相談してみようかな・・・、などと感じていただけるようでしたら

以上、ネクストストラテジーによる「いい会社にしたい!働きやすい職場にしたい!」(従業員の方による自律型組織づくり)の応援の特徴などについて、簡単ではありますがご説明してまいりましたが・・・

いかがでしたでしょうか?
従業員の方による自律型組織づくりの応援について、何となーくイメージしていただけたでしょうか?
(実はこのホームページ自体が自律型人財育成(自律型人材育成)支援も兼ねているため、直接的な答えをわざと明記しておりません。わかりにくかったら、すみません・・・)

次ページに、「いい会社にしたい!働きやすい職場にしたい!」(従業員の方による自律型組織づくり)の応援に関するお問い合わせ以降の流れや、料金面について明記しております。
ネクストストラテジーによる「いい会社にしたい!働きやすい職場にしたい!」(従業員の方による自律型組織づくり)の応援に、もし興味を持ってくださるようなら、お問い合わせの前にでもご一読いただけると嬉しいです。

「いい会社にしたい!働きやすい職場にしたい!」(従業員の方による自律型組織づくり)の応援の流れや料金へ

そもそも、会社とは?組織とは?職場とは?仕事とは?何のために働くのか?

「なぜ、会社・組織・職場は変われないのか?」
「どうして、会社・組織・職場を変えられないのか?」

このような疑問をお持ちの方は、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

それでは、以下のような疑問も時には感じたことがありませんか?
他にも、「そう言えば、考えてみたことがなかったなー」という疑問はありませんか?

  • そもそも、会社って何だろう?組織って何だろう?職場って何だろう?
  • どういう状態であれば組織と言えて、どういう状態なら組織と言えないんだろう?
  • 会社は何のために存在するんだろう?会社は誰のために存在するんだろう?
そもそも組織って何?いい職場って?いい会社ってどんな会社?何のために働くの?誰のために働くの?
  • 自分にとって、会社や組織や職場って何だろう?
  • 自分にとって、いい会社・いい組織・働きやすい職場って、いったい何だろう?
  • 会社にとって、自分って何だろう?
  • 会社にとって、組織って何だろう?従業員って何だろう?
  • 仕事って何だろう?やりがい・働きがいって何だろう?
  • どんな会社にしたいんだろう?どんな組織にしたいんだろう?どんな職場にしたいんだろう?
  • 何のために、会社を変えたいんだろう?誰のために、何のために職場をよくしたいんだろう?
  • どうして、いい会社・いい組織・いい職場にしたいんだろう?
  • 自分は、どんな会社・どんな組織・どんな職場がいいと感じるんだろう?
  • 自分以外の人は、どんな会社・どんな組織・どんな職場がいいと感じるんだろう?
  • 今の組織の、何を変えたいんだろう?
  • 今の組織の、何を変えたくないんだろう?
  • 自分は何のために働くんだろう?会社の上司や同僚や部下は、何のために働いているんだろう?
  • 社長は何のために会社をつくったんだろう?どんな会社にしたかったんだろう?
  • 自分にとって、幸せって何だろう?夢や希望って何だろう?どんな人生が送りたいんだろう?
  • 自分以外の人にとって、幸せって何だろう?夢や希望って何だろう?どんな人生が送りたいんだろう?

多くの人が何らかの組織に属していて、毎日のようにその組織の一員として活動を行っていますが・・・
しかしながら、「組織とは?組織力とは?現場力とは?」などといざ問われてみると、なかなか説明が難しいものではないでしょうか?
ある程度の共通概念はあったとしても、会社によっても人によっても、状況によっても立場によっても、とらえ方が異なることもあるのではないでしょうか?

組織を変えたくてもなかなか変えられない、変わらない原因には様々あると思いますが、もしかしたらこんなところにも原因があるのかもしれませんね。

「いい会社とは?いい職場とは?働きやすい職場とは?」などについて考えてみたくても、何からどう考えたらいいかわからない・・・
「いい会社とは?いい職場とは?働きやすい職場とは?」などについてみんなで話し合ってみたくても、なかなか言い出せない・・・

という悩みをお持ちの方も、いらっしゃると思いますので・・・

「職場に関する悩みなんて、誰かに話せたら苦労しないよ・・・」と、感じていらっしゃる方も多いようですので・・・
かと言って、「悩みはあっても、どこの馬の骨ともわからない外部の人間にいきなり相談するなんて絶対にヤダ!」と感じる方もいらっしゃると思いますので・・・

「自分で考えて行動する「自律型人材(自律型人財)」が育つ組織って?」ブログというものをつくってみました。

ネクストストラテジーのお手伝いは、本来であれば、みなさまのご希望やご状況に合わせたものです。
そのため、みなさまがそれぞれ抱えていらっしゃる具体的なお悩みもご状況もご希望も見えない中で、しかも、状況も悩みもそれぞれ
異なる方がご覧になるブログ上でできることには相当限界がありますが・・・
このような趣旨で書き綴っている無料支援の範囲内に過ぎないブログ上で、できることは本当に微々たるものですが・・・

例えば以下のような記事をご用意しておりますので、一緒に考えてみませんか?
ほんの少しでも何かのお役に立てたら幸いです。

困り事や悩みなどを相談しやすい組織と、相談しにくい組織って何が違うんだろう?
「自分で考える」と「独りで考える」って同じ?いい職場やいい会社などとの関係って?
不平、不満、不安って悪いことばかり?不平、不満、不安などをうまく活用する方法って?
「会社がよからぬ方向に走ってしまう前に、従業員一人ひとりにできることって何だろう?」シリーズ
「社長が借金返すか廃業するかなど両極端な思考に走ってしまう前に従業員にできることって何だろう?」シリーズ
「経営者の視点や経営者意識、経営感覚などを従業員にも持って欲しいと社長が思う理由って何だろう?」シリーズ
中小企業の社長が従業員に相談しない、相談したくない、相談できない理由って何だろう?
中小企業の従業員が知っておきたい経営者が孤独を感じる原因って何だろう?
後継者の孤独とは?2代目や3代目など中小企業次期社長ならではの苦労って何だろう?
社長がいつも強気でパワフルで元気で前向きで楽観的に見える理由って何だろう?
自慢話を社長はなぜするんだろうか?従業員にとっては自慢話に聞こえてしまう理由って何だろう?
「社長が愚痴る理由、従業員には愚痴らない、愚痴れない理由って何だろう?」シリーズ
社長がうつ病になったり心が折れたりする前にできることって何だろう?
「社長や上司、部下がうつ病になる組織、ならない組織の違いって何だろう?」シリーズ
部下思いのいい上司が、パワハラ上司に変わってしまった原因って何だろう?
社長や上司が部下に指示しない、指示できない、指示したくない理由って何だろう?
社長や上司、部下、他部署の欠点、弱点、問題点ばかりが気になる原因って何だろう?
「タイムマネジメントとは?何のため?誰のため?いい職場や働きやすい職場づくりなどとの関係って?」シリーズ
社長、管理職、一人ひとりの従業員の問題を、組織全体の問題ととらえると見えることって何だろう?
「経営者と従業員の危機意識や当事者意識、問題意識の違いって何だろう?」シリーズ
「根本的な原因とは?真因とは?今見えている問題って本当の問題なんだろうか?」シリーズ
社長や上司、部下、他部門への非難、批判、文句、愚痴で解決することって何だろう?
「社長、上司、部下、会社組織にとって本当に必要な支援って何だろう?」シリーズ
「いい会社や働きやすい職場に変える方法が見つからない、頑張っているのにうまく行かない原因って何だろう?」シリーズ

※「自分で考えて行動する「自律型人材(自律型人財)」が育つ組織って?」ブログの最新記事は、左サイドメニューの下に
掲載しておりますので、よろしければご利用くださいませ

「自分で考えて行動する「自律型人材(自律型人財)」が育つ組織って?」ブログへ

Copyright© since 2000 経営コンサルティング事務所 ネクストストラテジー All Rights Reserved.