自分で考えて行動する自律型人材育成支援 -特徴など-

HOME > 企業様・団体様へのご支援 > ヒト(組織)のご支援 > 自分で考えて行動する自律型人材育成支援 > ご支援の特徴など

このページでは、自分で考えて行動する自律型人財育成(自律型人材育成)の特徴などをご紹介いたします

このページでは、ネクストストラテジーによる「自分で考えて行動する自律型人財育成(自律型人材育成)」のご支援の特徴向き・不向きなケースご支援の際の留意点などについてご紹介いたします。

「人材育成って何?何のため?誰のため?どんな時に必要なの?」などの疑問をお持ちの方は、コチラを先にご覧ください
「『自律』と『自立』の違いって何?自律型人財(自律型人材)って?」などの疑問をお持ちの方は、コチラを先にご覧ください

このページの内容に興味のない方や、ポイントだけざっくり把握したいとおっしゃる方は、
以下のご説明手順図、または、上記メニュー(ページタイトルの「自律型人材育成支援 -ご支援の特徴など-」の下)から、ご希望のページを選択して読んでやっていただけると嬉しいです。

※「ざっくりと簡単に支援内容を知りたい!」とご希望の場合は、「自律型人財育成(自律型人材育成)のご支援の概要」のページをご覧くださいませ
※オレンジ色のボタン上にマウス置くと簡単な説明が表示され、クリックすると該当するページが表示されます

ネクストストラテジーによる「自分で考えて行動する自律型人財育成(自律型人材育成)支援」に関するご説明の順序 「人材育成や研修などに関する悩み」に関連するよくある悩み 「自分で考えて行動する自律型人材育成支援」の概要 「自分で考えて行動する自律型人材育成の支援」の流れや料金

page top

ネクストストラテジーによる「自分で考えて行動する自律型人財育成(自律型人材育成)」支援とは?

経営コンサルティング事務所 ネクストストラテジーでは、中小企業様(個人事業主様・創業予定の方含む)を中心に、
世界各国の方を対象とした自律型人財育成(自律型人材育成)経験を活かし、「皆さまの自律性を大切に」した
「自分で考えて行動する自律型人財育成(自律型人材育成)」のお手伝いを行っております。

「自分で考えて主体的に行動する自律型人財(自律型人材)の育成」を通じた組織風土変革のご支援 自分で考えて行動する自律型人財育成(自律型人材育成) : 組織風土変革・意識改革

自分で考えて行動する自律型人材育成支援

全体を見ることもなく、目的や目標、本当の問題や課題なども不明確なまま、研修などの手段や方法論に関するご支援だけを行った場合、一貫性のないバラバラの方法論に走ってしまったり、「手段の目的化」に陥ってしまったりする可能性があるのではないでしょうか?

そのため、ネクストストラテジーでは、全体像を俯瞰したお手伝いができる中小企業診断士ならではの特性なども活かし、お悩みなどをじっくりお聞きした上で、御社にとって最適と考えられるご支援を行うよう心がけております。

また、コンサルティングだけを行ったり、研修の実施を行う外部業者の選定をお手伝いしたり、御社で企画された研修の実施の部分だけを行ったりなど、ご状況やご希望によって臨機応変に対応しております。

要は、三方よしなどの観点から「御社にとって一番いいことは一体何なのか?」を、御社の立場に立って一緒に困ったり悩んだり、御社と一緒に考えて行くお手伝いが、ネクストストラテジーによる「自分で考えて行動する自律型人財育成(自律型人材育成)」支援だとお考えください。

page top

ネクストストラテジーの自律型人財育成(自律型人材育成)支援には、こんな特徴があります

ネクストストラテジーによる「自分で考えて行動する自律型人財育成(自律型人材育成)」支援の特徴について、ざっくりとまとめてみました。
但し、比ゆを用いて明記している部分も多々ございますので、「よくわからーん!」ということであればお問い合わせフォームからお気軽にご質問くださいませ。

「人財(人材)は、こう育てるべし!」
「このやり方ならどんな企業でも、自分で考えて行動する自律型人材を育てられる!」

のように、マニュアル型の画一的な方法を目にすることも多々ありますが・・・
一方的に教えて育てる教育方法が、適している場合もあるとは思いますが・・・

しかし、人材育成の方法にも、向き・不向きがあるのではないでしょうか?
また、その方法は御社特有の状況やご希望をすべて考慮して、編み出された方法なのでしょうか?
その方法で、自分で考えて行動する自律型人財(自律型人材)は、本当に育つものなのでしょうか?

自分で考えて行動する自律型人財(自律型人材)を育成したいと考えていらっしゃるとしたら、マニュアル型で画一的な
プロダクトアウトとも言える一方的に教えて育てる教育方法では、逆にマニュアル型人間や指示待ち人間を生み出してしまいかねないのではないでしょうか?

もしもそうなってしまったとしたら、本末転倒ではないでしょうか?

「馬を水辺に連れて行けても、水を飲ませることはできない」と、言いますが・・・
どうして水を飲もうとしないのでしょうか?
水を飲みたくない理由というのがあるのではないでしょうか?

また、その理由はお一人お一人異なるのではないでしょうか?
水を飲めないご本人にも、水を飲みたくならない理由がわからない時もあるのではないでしょうか?
お一人お一人飲む速度も違えば、量も違うのではないでしょうか?

それなのに、「何で飲まないんだ?さっさと水を飲め!もっと飲め!」と命令してしまったとしたら、どうなるのでしょうか?
飲めるようにならないどころか、下手をすれば水が怖くなってしまい、水辺に近寄ることすら拒否するようになってしまうものなのではないでしょうか?

そのため、お一人おひとりの「水を飲みたくない理由」「水を飲みたくなる状況」などを探りつつ、お一人おひとりに合った「水を飲みたくなる」仕掛けを考えるなど、皆さまの「自律性」を大切にしたお手伝いを行なっております。
こう書くと「もしかして、マンツーマンの支援になっちゃうの?」と思われるかもしれませが、そんなことはありませんので、ご心配なさらないでくださいね。
(マンツーマンのご支援(研修含む)も可能ですが、多様性を活かしたご支援になりにくいため、もったいないと思います)

「人材育成の方法にも、向き・不向きがあると思いませんか?」とも関係いたしますが・・・
「人財育成(人材育成)」と聞くと、

「自分で考えて行動する自律型人財育成(自律型人材育成)支援って、研修のことなんだよね?」
「自律性や主体性、自分で考えて行動する力を、研修で育てようということなんだよね?」

などのように、「人財育成(人材育成) = 研修」といったイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれないので、念のために明記いたします。
ネクストストラテジーによる「自分で考えて行動する自律型人財育成(自律型人材育成)」のご支援では、「人財育成(人材育成) = 研修」というわけではございません。

ネクストストラテジーによる「自分で考えて行動する自律型人財育成(自律型人材育成)」では、手段や方法の一つとして、研修などもご支援内容の中に含まれているという位置付けです。

研修というのは手段や方法などであって、目的や目標などではないのではないでしょうか?
目的や目標戦略的に達成するために必要なのであれば、研修を行うというのも一つのやり方なのではないでしょうか?

逆に言うと、研修という手段や方法が適さない場合もあるのではないでしょうか?
人財育成(人材育成)には、研修以外の手段や方法もあるのではないでしょうか?

これは研修に限ったことではありませんが・・・

全体を見ずして、研修などの手段や方法論に関するご支援だけを行った場合、場当たり的な人財育成(人材育成)になってしまったり、一貫性のないバラバラの方法論に走ってしまったりする可能性が高いのではないでしょうか?
「研修ありきの人財育成(人材育成)」のように、「手段の目的化」に陥ってしまう恐れもあるのではないでしょうか?

そのため、ネクストストラテジーによる自分で考えて行動する自律型人財育成支援では、全体像を俯瞰したお手伝いができる中小企業診断士ならではの特性などを活かし、お悩みなどをじっくりお聞きした上で、御社にとって最適と考えられるご提案やご支援を行うよう心がけております。

せっかくの機会とお考えなのであれば、戦略的な人財育成(人材育成)を目指して行きませんか?

一般的なセミナー、インターネット上の情報、書籍などの場合、不特定多数の企業を対象としており、御社ならではの状況やご希望を考慮したものでは残念ながらありません。
また、人財育成(人材育成)そのものにしかスポットを当てていないことも多いため、戦略的な人財育成(人材育成)にはなりにくいのではないでしょうか?

他社と同じような人財育成(人材育成)行うことに、どれだけの意味があるのでしょうか?
せっかくの貴重なお時間やお金を割くのであれば、御社ならではの独自性を強化するなど、他社との差別化を意識した人財育成(人材育成)を行った方が、投資対効果も高くなるのではないでしょうか?

ネクストストラテジーによる「自分で考えて行動する自律型人財育成(自律型人材育成)」支援は、1回1回が御社に最適化されたオーダーメイドで、どこを切っても「金太郎飴」ではございません。

また、人財育成(人材育成)というのは1回だけ行えばそれで終わりというものではなく、継続して行っていく必要があるのではないでしょうか?
そのため、御社独自の人財育成(人材育成)ノウハウの蓄積も、念頭に置いたご支援を行っております。

世の中には、経営者対象研修、管理職対象研修、営業マン研修、新入社員研修、マナー研修などなど、様々な研修がありますよね。

しかしながら、どんなに高度な技術を覚えても、研修をたくさん受けても、根性論や精神論で覚えこませても、主体的、且つ、自律的な行動に結びつかないということもあるのではないでしょうか?

自分で考えて主体的、且つ、自律的に行動できるようにならなければ、結局のところ本当の意味では身にはつかないし、せっかく研修を受けても実務では使えないといったことが起こり得るのではないでしょうか?
たとえ研修内容を100%理解できて覚えられたとしても、その研修で習った以上のことはできるようにならないのではないでしょうか?

例えて言うならば、「どうやって泳げばいいのか?」という知識や理論を知っただけでは、泳げるようにはならないのと同じではないでしょうか?
泳ぎ方という知識はあれども水に入ったことすらない状況で、荒波の海のど真ん中にいきなり放り込まれたらどうなるのでしょうか?

二度と泳ぎたくなるのはもちろん、海に近寄ることすら避けたくなってしませんか?
最悪の場合は溺死したり、人食いザメに食いちぎられたりして非業の死を遂げることにもなり兼ねないのではないでしょうか?

そのため、最初はプールサイドに腰掛けてバタ足、顔をつけてみるなどから始めて、徐々に実践に近いカタチで、主体的、且つ、自律的な行動につなげていただけるような仕掛けをご用意しております。

人間は、一人ひとりみんな違う・・・
全く同じ人間は、この世に存在しないのではないでしょうか?

それはもちろん、御社においてもそうではないでしょうか?
せっかくの多様性なのですから、もっと活かして行かないともったいないと感じませんか?
従業員の方同士のシナジー(相乗効果)も、もっともっと発揮して行きませんか?

ネクストストラテジーではそのように考えているため、多様性を活かした「共育」の場を通じて、お互いに影響し合うことで発生する
「化学反応」へのきっかけづくりもご用意しております。

ネクストストラテジーでは、「自分で考えて行動する自律型人財育成(自律型人材育成)」支援の他、

三方よしを大切にした経営相談
組織力や現場力の強化・向上(自律型の組織づくり・自律型の組織変革)
中小企業の経営に役立つ情報活用(IT活用・ICT活用)
中小企業のパソコントラブル解決サポート

などのお手伝いも行っておりますので、人財育成(人材育成)以外の観点からのご提案も可能です。

人財育成(人材育成)を行うこと自体は、目的にはなり得ないのではないでしょうか?
人財育成(人材育成)は何のために必要なのか?人財育成(人材育成)を行うことは何につながるのか?など、
もしも総合的に考えたいと思っていらっしゃる場合は、一石二鳥どころか、必要に応じて一石三鳥にも四鳥にも五鳥にもお役に立てるかもしれません。

ご希望の際は、お気軽 & 遠慮なくご相談ください。

page top

自分で考えて行動する自律型人材の育成を通じて「自律性」が育つためには?

自分で考えて行動する自律型人財育成(自律型人材育成)のご支援イメージ

一概には言えませんが・・・
諸外国と比較すると、日本における人財育成(人材育成)は、暗記型・選択型・受身型に偏りがちな傾向にあるのではないでしょうか?
教える側主体の「受身教育」に慣れていらっしゃる場合、「何で教えてくれないんだ!?」「答えをちゃんと言ってくれー!」と、文句の一つも言いたくなることもあるのではないでしょうか?

人財育成(人材育成)を行なう目的や目標に合致している場合は、そのやり方でも構わないとは思います。

しかし、暗記型・選択型・受身型のままでは、「自律性」が育ちにくくなってしまう感は否めません。

そのため、暗記型・選択型 → 思考型・表現型へと徐々にシフトしつつ、受身型 → 能動型へとご自身の力で「自律的に」変えて行けるよう、留意したお手伝いを行っております。

page top

ネクストストラテジーによる自分で考えて行動する自律型人財育成(自律型人材育成)がお役に立てる可能性があるケースと、そうでないケース

どんなものでもそうだと思いますが、どのようなケースであっても絶対に役立つ万能なものなどなく、やはり向き不向きというのがあるのではないでしょうか?

と言う訳で、ネクストストラテジーによる自分で考えて行動する自律型人財育成(自律型人材育成)支援が、お役に立てる可能性があるケースと、そうでないケースについて簡単にまとめてみました。
※あくまでも目安ですので、参考までにご覧ください

「ん?じゃあ、こんなケースはどーなるの???」
などの疑問がございましたら、お問い合わせフォームからお気軽にご質問くださいませ。

ネクストストラテジーによる自分で考えて行動する自律型人財育成(自律型人材育成)がお役に立てる可能性があるケースお役に立てる可能性があるケース
ネクストストラテジーによる自分で考えて行動する自律型人財育成(自律型人材育成)がお役に立てる可能性があるケース
  • 人手に頼る部分が大きく、且つ、臨機応変性が求められたり、創意工夫や独自性、自律性や主体性などが求められたりする業種や組織の場合
  • 「企業は人なり」とお考えで、中長期的な視点から人財育成(人材育成)を目指されている場合
  • 考えるプロセスを大切にしたいとお考えの場合
  • 「よくある悩み」にお心当たりがある場合
  • 人財(人材)の多様性を活かしたいとお考えの場合
  • 研修を受けただけで終わるのではなく、実践的な知識や技術を身につけて欲しいとお考えの場合
ネクストストラテジーによる自分で考えて行動する自律型人財育成(自律型人材育成)がお役に立てそうにないケースお役に立てそうにないケース
  • 人手よりも機械に頼る部分が大きく、且つ、マニュアルや逐次指示どおりに行うことが求められる業種や組織の場合
  • 短期的な視点から、人財育成(人材育成)を目指されている場合
  • 結果がすべてとお考えの場合
  • 「よくある悩み」にお心当たりが全くない場合
  • 多様性よりも、画一性を優先したい場合
  • 教える側主体の「教育」を望まれる場合
  • 短い時間で、大量の知識や技術の詰め込み修得を目指されている場合

page top

どんなものにも、留意点は必ずありますので・・・

世の中には、「完璧」や「絶対に大丈夫」なものなど存在しないのではないでしょうか?

そのため、留意点についてもいくつかご紹介しておきます。
(御社のご希望やご状況などによっても、もちろん異なってきますが・・・)

留意点「水を自主的に飲んでもらう」ためには、時間が必要です

「水を飲みたくない理由」「水を飲みたくなる状況」などを探りながらご支援を進めて行くため、短時間のご支援では十分な効果が得られない場合がございます。
「誰かに水を飲ませてもらうのが当たり前」とお考えの場合や、「水辺に近寄ることすら拒否するような状況」のなど場合は、さらに時間を要します。

留意点喉元過ぎれば熱さ忘れる

研修などを通じて意識改革のきっかけにはなり得る可能性はありますが、やはりあくまでも研修に過ぎません。
研修の効果を持続させるには、御社で取り組みを行い続けていただく必要がございます。
特に、自分で考えて行動する自律型人財(自律型人材)が伸びる組織的な仕組みがない場合は、カンフル剤にすらならず、実務上では効果が全く現れずに自律型人財(自律型人材)の芽を潰してしまう危険性がございます。

留意点研修や人材育成(人財育成)を行うこと自体は目的になり得ません

「何のために研修を行う必要があるのか?人財育成(人材育成)を行う必要があるのか?」
などの目的が不明確なままだと、研修や人財育成(人材育成)を行うこと自体が目的化してしまう「手段の目的化」に陥ってしまいがちです。

page top

自分で考えて行動する自律型人財育成(自律型人材育成)のご支援についてご不明な点がございましたら

「もっとこんなことについて、知りたいねんけどなー(怒)!」
というのは、人によってもご状況によってもお立場によっても異なることもあり、ご満足いただける説明になっているかどうか・・・
と、心配しております。

至らぬ点がございましたら、申し訳ございません。
少しずつ改善して参りますので、温かい目 & 長い目で見守ってやってくださると嬉しいです。

という訳で、至らぬ点については、取り急ぎ「自分で考えて行動する自律型人財育成(自律型人材育成)のご支援について、よくいただくご質問と回答」で補って行っております。
もしよろしければ、ご一読くださいませ。

何かのお役に立てたら幸いです。
(全然お役に立たなかったら、本当に申し訳ございません)

自分で考えて行動する自律型人財育成(自律型人材育成)のご支援についてよくあるご質問へ

組織力の強化・向上(自律型の組織づくり・自律型の組織変革)支援について

「うーん・・・、求めているのとは、ちょっーと違うんだよなー・・・」
「どちらかと言うと、組織力の強化や向上の方法とか、組織改革のいいやり方とかで今は困っているんだけどなー」

などと感じられた方・・・、大変申し訳ございません・・・。
ヒト(組織)に関する悩みと言っても、千差万別ではないでしょうか?

ネクストストラテジーでは、「組織力の強化・向上(組織改革)支援」も行っております。
もしよろしければ、ご一読くださいませ。

組織力の強化・向上(組織改革)支援へ

そもそもの話、人財育成(人材育成)って何だろう?何のためだろう?誰のためだろう?人材育成の目的とは?目標とは?自律型人財育成(自律型人材育成)って何?自分で考えて行動する人財(人材)って何?

「自分で考えて行動する「自律型人材(自律型人財)」が育つ組織って?」ブログへ

「優秀な人財(人材)が育たない原因って、いったい何なんだろう?」
「やっぱり教え方が悪いのかな〜?講師が悪いのかな〜?」
「優秀な人財(人材)に育てる方法がわかれば、それでいいんだけどねー」
「そう言われてみたら、人財育成(人材育成)って何だろう?何のためなんだろう?
誰のためなんだろう?」
「人財育成(人材育成)の目的や目標?そう言えばちゃんと考えたことなかったかも?」

などなどの悩みをお持ちの方も、いらっしゃると思いますので・・・
かと言って、悩みはあれども、どこの馬の骨ともわからない外部の人間にいきなり相談
するなんて絶対にヤダ!と感じる方もいらっしゃると思いますので・・・

「自分で考えて行動する「自律型人材(自律型人財)」が育つ組織って?」ブログというものをつくってみました。

ネクストストラテジーのご支援は、本来であれば、みなさまお一人おひとりのご希望やご状況に合わせたものです。
そのため、みなさまがそれぞれ抱えていらっしゃる具体的なお悩みもご状況もご希望も見えない中で、しかも、状況も悩みもそれぞれ
異なる方がご覧になるブログ上でできることには相当限界がありますが・・・
このような趣旨で書き綴っている無料支援の範囲内に過ぎないブログ上で、できることは本当に微々たるものですが・・・

例えば以下のような記事をご用意しておりますので、一緒に考えてみませんか?
ほんの少しでも何かのお役に立てたら幸いです。

「人材育成の方法論や手法、テクニックなどに振り回されてしまう前に考えておきたいことって何だろう?」シリーズ
「人材採用とは?従業員を雇用するのは何のため?誰のため?優秀な人材やいい人材って何を基準にどう決めるの?」シリーズ
「優秀な人材が見つからない、有能な人材が採用できない、優秀な人材に育ってくれない原因って何だろう?」シリーズ
「優秀な人材が辞める本当の理由、優秀な社員から辞める原因って何だろう?」シリーズ
「従業員が育たないなどの根本的な原因の探り方とは?真因って何だろう?」シリーズ
「自分で考える」と「独りで考える」って同じ?自律や自立、人材育成などとの関係って何だろう?
自律型人材は、一方的に教えて育てる教育で育てられるんだろうか?
人材育成や教育を「自分ができる事」と「教えられる事」から考えてみると気づくことって何だろう?
「知識や方法論中心の研修で育つ力、育たない力って何だろう?」シリーズ
思考停止を招く教育とは?従業員の主体性や向上心が育つ人材育成って?
「研修とは?本当に役立つ社員研修や管理職研修を行うのに必要なことって何だろう?」シリーズ
「マニュアルとは?何のため?人材育成や組織力などとの関係って何だろう?」シリーズ
マニュアル人間、主体性がない、指示待ち人間になる理由って何だろう?
指示通りに行動しない、細かく指示しないと行動できない理由って何だろう?
部下が質問しない、質問したくない、質問できない原因って何だろう?
誰にも相談しない、相談したくない、相談できない理由って何だろうか?
「自立」とは?「自律」とは?その違いって?自律型人材とは?人材育成などとの関係って何だろう?
「日本人の強みや弱みとは?外国人には真似できないことって何だろう?」シリーズ
「日本の良さとは?外国人や海外経験のある日本人が感じる事って何だろう?」シリーズ
「日本人の生産性が低い理由とは?生産性の向上ってどういう事なんだろう?人材育成などとの関係って?」シリーズ
人間にしかできないこと、コンピュータにできること、できないことって何だろう?
従業員の潜在的な能力の発掘、発揮方法って?人材育成などとの関係って何だろう?
「人材育成とは?何のため?誰のため?どんな時に必要なんだろうか?」シリーズ
人材育成をマーケティング・コンセプトから考えると見えることって何だろう?
「顧客って誰のこと?どんな人や企業がお客様?人材採用や人材育成などとの関係って何だろう?」シリーズ
「人材採用や人材育成の計画を立てたり、方針を決めたりするのに必要なことって何だろう?」シリーズ

※「自分で考えて行動する「自律型人材(自律型人財)」が育つ組織って?」ブログの最新記事は、左サイドメニューの下に
掲載しておりますので、よろしければご利用くださいませ

「自分で考えて行動する「自律型人材(自律型人財)」が育つ組織って?」ブログへ

Copyright© since 2000 経営コンサルティング事務所 ネクストストラテジー All Rights Reserved.